権利収入を作りたい人必見!一番権利収入を作りやすい携帯電話ビジネス!

権利収入

権利収入とは、自分が持っている権利によって収入を得る方法で、働かずに収入を得ることから「不労所得」とも言われます。

権利収入を取る方法はいくつもあり、有名な方法は下記になります。

  • 不動産投資
  • 本などの印税
  • youtubeなどの広告収入
  • ネットワークビジネス
  • 株式など投資系の投資

権利収入を得る方法にはそれぞれメリット・デメリットがあるので、総合的に判断し個人が一番やりやすい権利収入を作る方法を紹介したいと思います。

この記事では解決すること
・権利収入を作る方法
・各権利収入のメリット・デメリット
・個人が簡単に始めることができる権利収入を作るビジネス

権利収入を作るビジネスまとめとメリット・デメリット

権利収入を得るには様々な方法がありますが、全てのビジネスが一長一短です。
今の自分にあったビジネスを始めるために、コストや参入のリスクなどを理解した上でビジネスをはじめてみましょう。

不動産投資

不動産投資は簡単に言うと家賃の収入を得たり、購入金額より高く売却することで収入を得るビジネスです。

自分が全く働かなくでも収入を得ることができる魅力がある反面、資金や不動産に関する正しい知識を身に着けないと負債がだけが残ることもあります。

また災害などの予知することができないリスクもあるため、資金が余っている、災害が起きにくい土地などの知識がある方でないと資金だけが無くなるといったことも考えられます。

資金がない方が一世一代の勝負で参入するにはリスクが高すぎるので、余剰資金がある方にオススメのビジネスです。

不動産投資のメリット

  • 自分が働かなくても収入がはいる
  • 長期的に安定した収入が見込める
  • 投資ではなくなるが、自分の家として使うこともできる
  • ローンで購入する場合、返済をすれば銀行からの融資を受けやすくなる

不動産投資のデメリット

  • 投資対象は都市部が多いため、多額の費用が必要(最低でも500万円ほど)
  • 知識がなければ赤字になる可能性も高い
  • 災害での修理費、場所が悪ければ倒壊の恐れもある

本などの印税

印税は本や音楽など制作物が売れた時に割合で収入を得ることができる権利です。

制作できる能力+知名度がある方にはおすすめですが、素人がはじめから狙うには難易度が高い方法になります。

本の場合は出版社とのつながりが必要ですし、音楽だとレーベルとの契約が必要です。
今の時代では個人で定期行動などのサブスクリプションを受け取るサービスなどがありますが、後述する「情報発信」の項目で紹介します。

印税のメリット

  • 制作の能力があれば低コスト・低リスクで収入になる
  • 趣味で収入を得ることができる
  • 出版社やレーベルと関係を築くことができる

印税のデメリット

  • 本や音楽を作る能力が必要
  • 販売する出版社やレーベルの目にとまるにはある程度の知名度が必要
  • 売れなかったら制作した時間だけ徒労に終わる

広告収入

広告収入はアフィリエイトやYoutubeにコンテンツを提供しコンテンツ内で商品の宣伝をすることで、収入を得る方法です。

アフィリエイトの場合はブログやリスティングの2種類がありますが、リスティングはコストがかかることと、広告の知識が必要なので、素人は赤字になりやすいのでおすすめしません。

ブログの場合は、専門知識が必要ですがネットを調べればいくらでも情報がでてくるので、比較的やりやすいです。
しかし、はじめから人気のブログが書けるわけではないので、長期的に更新していく必要がありモチベーションの維持が大変です。

Youtubeに関しては、収益化するにはチャンネル登録者が1000人必要なので、コツコツ登録者を増やしていく根気が必要になります。

広告収入のメリット

  • コストが低く、個人がはじめやすい
  • 少ない金額からでも収入を得ることができる
  • 人気のコンテンツになれば、月に数千万という収益を作ることも可能

広告収入のデメリット

  • 結果がでるまでに時間がかかる(最低でも半年はかかると思います)
  • 継続してコンテンツを更新しないと、収入になりにくい

ネットワークビジネス

ネットワークビジネスは「MLM」や「マルチ商法」と言われ世間のイメージは悪く「怪しい」というわれるビジネスですが、個人で権利収入を作るには一番おすすめの方法です。

ただし会社によって悪徳マルチと言われるような詐欺のような会社もあるので要注意です。

「健全な会社でビジネスをはじめること」「ネットワークビジネスの正しい知識」をつけないと、このビジネスで権利収入を得ることは難しいでしょう。

しかし、健全な会社で正しい知識を身につければ権利収入を得るのが早く、収入も多額になるので、おすすめです。

ネットワークビジネスのメリット

  • 会社を正確に選べば、低コスト、低リスクで報酬を得られる
  • 少ない金額から報酬になる
  • 報酬になるまでの期間が短い(最短翌月から)

ネットワークビジネスのデメリット

  • 会社によっては強引な勧誘を勧められるため、友達や知り合いを失う
  • 会社によっては買い込みという方法を進められるため、赤字になる
  • ビジネスイメージが悪いため、勉強しないと収入をつくれない

情報発信

情報発信は、印税と似ていますが、出版社などを通さず自分で認知を広め収入にする方法です。

最近ではnoteというサイトでの定期購読であったり、Youtubeでのグッズ販売など様々な方法があります。

自分で販売するので、webでのマーケティングの知識が必要になってきます。
マーケティングは知識をつけて実際に大量に商品を販売することができれば、企業から引っ張りだこになるほど、社会にも認められる能力です。

また自分の得意な分野での発信になるので、趣味を仕事にできることも魅力です。

情報発信のメリット

  • 低コストで簡単にはじめることが出来る
  • 人気が出れば、出版など様々な道が広がる
  • 趣味を仕事にできる
  • マーケティングができるようになると、失敗しても企業への就職率が上がる

情報発信のデメリット

  • 人気のジャンルは飽和しているので、難しい
  • 継続して情報を発信する必要がある
  • コンテンツによって、様々な能力を身につける必要がある

株式などの金融投資

株式投資やFXなど金融系の投資も権利収入を得ることができます。

金融系は専門知識がなければ負債を抱えることになることもあるので注意が必要です。
特にFXはレバレッジをかけることができるので、自分が保有している金額より多くの投資額で勝負することができます。

ロスカット設定していると、負債にはならないまでも投資していたお金が全て無くなる事態は頻繁に起こっています。

しかし、専門知識を有し、運用することができてば安定して収入を得ることができます。

株式などの金融投資のメリット

  • 成功すれば莫大な収入を得ることができる
  • 知識があれば、安定して収入を得ることができる

株式などの金融投資のデメリット

  • ある程度まとまった資金が必要
  • 知識がなければ負債を抱えることもある

個人が始める権利収入ビジネスのおすすめ

様々な権利収入を紹介しましたが、個人が少ない資金から権利収入を得ることができるビジネスは3つあります。

  • 広告収入
  • ネットワークビジネス
  • 情報発信

少ない資金からはじめることができて、コツコツ収入を積み上げることができるのは上記の3つです。

ネットに詳しいなら「広告収入」「情報発信」がおすすめ。
ネットに詳しくないなら「ネットワークビジネス」がおすすめです。

・広告収入なら「A8ネット」に登録して案件を探すのがオススメ!
https://www.a8.net/as/as_promo/

・ネットワークビジネスなら「ゼロモバイル」がオススメ!

・情報発信なら「note」がオススメ!
https://note.com/

まとめ

権利収入を得るには様々な方法がありますが、個人ではじめるには3つのビジネスをおすすめします。

1人でコツコツ仕事ができる人にはネット系のビジネス。
人と一緒に頑張るならネットワークビジネス。

人により能力、やりたいことは様々なので上記を参考にビジネスをはじめてみてください。

タイトルとURLをコピーしました